小雪(しょうせつ)

001 002

みなさんは二十四節気をご存知でしょうか。
二十四節気とは太陰暦を使用していた時代に
季節を表すための工夫として考え出されたものです。

一年を二十四に等分し、その区切りと区切られた期間につけられた名前です。
現在でも季節の節目を表す言葉として使われています。

そして本日、11/22は二十四節気では小雪(しょうせつ)と呼ばれる日です。

日差しは弱まり、冷え込みが厳しくなる季節。
木々の葉は落ち、山には初雪が舞い始める頃です。
冬とは言え、まだ雪はさほど多く無いという意味で
冬の入り口にあたります。

冬にはあまり良いイメージがないという方もいらっしゃるとは思いますが
綺麗に雪化粧した上毛三山を眺めたり、暖かい鍋料理、こたつでみかんなど
冬ならではの景色や食べ物を満喫してみてはいかがでしょうか。
寒い日が続きますので どうぞお風邪など召されませんようご自愛下さい。